Lease Back|リースバック

家を売って、借りて住む ご所有のマンションを住んだまま売却できる「あなぶきのリースバック」

リースバックとは?

リースバックシステムとは、お客様がご所有のマンションを弊社が買い取ると同時に
賃貸借契約を締結して、そのままお借り頂いた状態でお住みいただけるシステムです。
形態はお客様のご事情、ニーズに合わせてカスタマイズ。柔軟にご対応させていただきます。

家を売って買取代金お支払い後

借りて住む

リースバックの流れ

あなぶき興産にご相談 買取価格とリース条件のご提示 買取とリースバックのご契約 売買取引(代金お支払い・名義変更) 賃料(リース料)のお支払い

リースバックの特徴

  • 買取代金は一括で支払いします
  • 組み立てはオーダメイド
  • 仮住まい不要今まで同様お住まい可能です

このような方にお選び頂いております

ケース1お子様の学校区と将来の買い替え

お子様中学校1年生、リースバック期間2年、築16年のマンション
お子様の卒業までその学校区内に住み、卒業後には一戸建てへの買い替えを考えておられました。卒業間近に慌てて売却と新居探しを同時に行うのは困難と予想し、予めマンションの売却目処を付けられたことにより、余裕をもって買い替え先の検討が出来ました。

ケース2債務の圧縮のためのリースバック

自営業の方、リースバック期間1.5年、築25年のマンション
自宅マンションを担保に事業用資金を調達されていました。
財務体質改善のために債務を圧縮する必要があり、そのまま住み続けるためにとリースバックをご選択されました。

ケース3買い替えのための短期リースバック

4人家族、リースバック期間6ヶ月、築12年のマンション
より広い新築マンションへの住み替えを計画のご家族。新築物件の完成は半年後、さらには買い替えの条件に現在の住宅ローンを完済する必要がありました。「あなぶきのリースバック」は短期でも対応可能。売却目途とローン完済目途、そして新築完成までのタイムラグの三大条件をクリアすることが出来ました。

ケース4 老後の生活資金に充当

ご高齢のご夫婦、リースバック期間2年、築30年のマンション
数年後には有料老人ホームへの入所をご検討のご夫婦。入居一時金が多少張ることもあり、手持ちの老後資金を減らさないために現在のお住まいを先行して現金化されました。リースバック期間は2年ですが、その間にいい物件が見つかればいつでもお住み替えが可能となりました。
中古マンション売却にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

不動産業者の皆様、個人の皆様ぜひお問い合わせください。
豊富な実績による当社ならではのノウハウを活かして、売却のご提案をさせていただきます。

東日本エリア(首都圏)
03-6809-5964営業時間/9:00〜18:00定休日/土・日・祝日
西日本エリア(近畿・中四国・九州)
06-6940-6975営業時間/9:00〜18:00定休日/土・日・祝日